しみやしわと紫外線

トップページ >  しみやしわと紫外線

しみやしわと紫外線

多くの女性にとって、しみやしわの対策は考えずにはいられないものでしょう。肌がまだ若々しく、特に手入れを必要としていなかった若い頃は、しみやしわには気づきにくいものです。ですが、しみやしわを予防するには若い内からお肌を守らなくてはなりません。

しみ予防には肌を紫外線から守り、直射日光に肌をさらさず日焼けはしないようにすることです。紫外線を浴びた肌は有害光線を阻止するためにメラニン色素が活性化しますが、そのままメラニン色素が定着することでしみの元になります。

やむをえず紫外線の下で行動をすることになった場合は、日焼け止めクリームなどを活用してください。紫外線はしみだけでなく、しわの要因にもなりえます。コラーゲンのおおい肌は水分が多くしわも少なめですが、紫外線でコラーゲンが減少すると肌が乾燥し筋目が目立ってしわになります。

10年後にしみやしわの少ない肌でいるには、今からの努力が必要です。今後とも、長時間外に出る時は紫外線カット効果のある日傘や防止を活用するなどの工夫をして、できるだけ紫外線にさらされずに肌の状態を維持していきましょう。できてしまう前に対策を取ることがしみやしわのない肌で居続けることが大事ですから、普段から心がけておきましょう。しみやしわは目立つようになる前に、できればしみやしわができる前に対処することが、美肌を維持するためには重要です。

セルライトを除去する方法